リラトレ通信

リラトレ トレーナーによる自由気ままなブログです。

こんにちは、リラトレトレーナーの前田です。

7月にサイパンを訪れ、マニャガハ島の海で泳いできました。

エメラルドグリーンの海に囲まれた無人島、マニャガハ島は、

とても美しいビーチがあり、森の中を散歩できる小道はパワースポットとなっていました!

このブログでは、私が感じたマニャガハ島の魅力と、海で起こりがちな脱水症状についてお話ししたいと思います。

 

マニャガハ島の海、透明度の高さと生き物の豊富さ! 

私がこれまで訪れた海の中で、マニャガハ島の海は圧倒的な透明度を誇っていました。

美しく透明なマリアナブルーの海の中には、さまざまな熱帯魚たちが泳いでいます。

その光景に私は興奮し、ついつい海水を飲んでしまったのです。

前田 啓人 : ライター(リラトレトレーナー)

東京都中野区生まれ。理学療法士。

2013年に国家資格の理学療法士免許取得後、病院(急性期、回復期、療養、訪問)、デイサービス、訪問看護ステーションで10年臨床経験を重ね、2023年4月にリラトレ トレーナーとしてリラトレを開業。
3月にタイ現地にて政府認定タイ式マッサージのインストラクターの資格を取得。
2024年より整形外科クリニック勤務。4月大学院(保健医療学修士課程)入学予定。
野球と筋肉が好きなオタク。

 

▶️前回の記事もチェックしてみてください!
楽しみながら熱中症対策!台南市での蒸し暑い野外フェス体験 | パーソナルトレーナー


海水の塩分濃度による脱水症状に注意! 

海水は塩辛くて水分補給には適さないと言われています。

人の体液の塩分濃度は約0.9%ですが、海水の塩分濃度は約3.5%もの塩分を含んでいます。

そのため、海水を飲むと逆に脱水状態になってしまうのです。

 

脱水症状、頭痛や筋肉の痙攣に注意! 

海で泳いでいる間、私は脱水症状になりかけました。

脱水症状になると、頭が痛くなったり、筋肉が攣ったりすることがあります。

幸いにも私は早めに気づき、すぐにスポーツドリンクを摂取しました。

すると症状はすぐに改善しました。

 

海での脱水症状を防ぐためにスポーツドリンクが必須! 

海での活動中、意外と脱水症状になりやすいので注意が必要です。

特にスポーツドリンク系の飲み物(例えばポカリスエットなど)は必須です。

私は1リットルの飲み物を持参しました。

 

個々の体調や環境に応じて摂取量を調整してみてくださいね。




まとめ

マニャガハ島の海は、私の人生で最も美しい海の一つでした。

透明度の高さや生き物の豊富さに感動し、また泳ぎに訪れたいと思います。

しかし、海での活動中は脱水症状に注意しなければなりません。

安全に楽しい海の時間を過ごすために、適度な水分補給を心掛けましょう。

 

次回は、北海道の広大な自然を満喫する旅についてお話します。お楽しみに!



 

リラトレで出来ること


① お話を伺って、病院受診が必要かどうかのご提案が出来ます。

② 痛めた直後の場合、痛めた箇所の周りの箇所のリラクゼーションやストレッチ、トレーニングを行い、痛めた箇所への負担を楽に出来ます。

③ 痛めてからしばらく経っている場合、痛めた箇所のリラクゼーションやストレッチ、トレーニングを行い、痛めた箇所そのものを楽に出来ます。

④ なぜその場所を痛めたのか、間接的な原因を探り、その原因へのアプローチをすることが出来ます。

⑤ ご自身で行える対処方法のご提案が出来ます。

 

ご予約はこちら

お体についてお悩みの方、ぜひお待ちしております。

宜しくお願いします。

リラトレトレーナー 前田 啓人

 

関連記事一覧